著作権を侵害されないために

著作物を自らの手で守る

皆さんが手塩にかけて創造した著作物は、生まれた瞬間から著作権を有しています。
この権利は守られるべきものですが、現実には著作権の発生や存在に関しての争い、それに伴う損害賠償事件がいくつも発生しています。
今回は、そんな著作物が有する著作権を皆さんの手で守る方法について詳しく見ていきましょう。

著作権登録制度

著作物は条件を満たすと、文化庁で著作権登録制度を利用することが出来ます。
これは全ての著作物に当てはまるものではなく、著作権や著作隣接権の譲渡、著作物の出版に伴う出版権の設定などの際に、その事実を認容するための手段として用いられます。
こちらは有料となっており、登録の手段や登録する件数によって値段が変わってくることにご注意ください。

 

 

 

著作権の存在事実

著作物において大切なのは、誰がどのタイミングで創造したのかという点です。
コピー商品などに対して著作権侵害に対する損害賠償請求をしたいといった場合においては、自分が作り上げた著作物が相手よりも先に存在し、独自性と考えられる部分が自分のアイデアをもとに創作したものであることを立証しなくてはいけません。
作製の日時について確定させるには、確定日付制度を利用すると良いでしょう。
こちらは、公証人役場で文書の作成日時に関して確定日付印を押してもらうというものです。
文書に著作物の創作工程や独自性に関するアイデアなどを記述しておけば、そうした内容に基づいた著作物が確定日付の段階で存在していたことの傍証となるのです。

侵害が生じたときは

こうした対策をしておくと、もし著作権の侵害が発生したとしても迅速に対応することが出来ます。
著作物の作成日時が確定されているわけですから、後発の著作権侵害物に対して権利の侵害を差し止める旨を記載した警告文を発送し、問題の発展を防ぐことも可能なのです。
著作権を守るための手続きや、侵害行為への対応は弁護士に頼むことでスムーズに進められます。
著作権に関する法律は複雑ですから、自らの権利を守るために最善を尽くしたいところです。
弁護士の豊富な知識と経験は、そんな皆さんの強い味方になってくれることでしょう。